~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

喫茶店

      2018/05/21

ふと思うと、最近喫茶店というところに行っていないのに気が付きました。カフェとかではなくて、昔ながらの喫茶店です。とは言っても、そういう店はほんとに少なくなったんじゃないのかなと感じている今日この頃です。

喫茶店、カフェ、コーヒーショップとか、いろいろとコーヒーが飲めるところはありますけど、どこでどういう線を引くかということを考えると、曖昧は曖昧ですね。今ではコーヒーショップといわれるものは、いわゆるシアトル系という感じのお店でしょうか。そうではあないというところでも、いろんなコーヒーの種類があって、いわゆる単品で選べるというところが、日本ではコーヒーショップと呼んでいいところなのかもしれません。カフェはどうなんでしょうか?私的に言うとスイーツがあったり、ちょっとした食事ができたりとか、そういったものがカフェと呼ばれるものですね。喫茶店というのは、もうちょっと照明も落としてあって、落ち着いた音楽が静かに流れていて、そんなにコーヒーの種類もないけど、こだわりのブレンドで飲ませるというところでしょうか?なんか非常に昭和的ですよね、あまり好きな言葉ではないんですけど。何が違うっていうんでもないかもしれませんけど、そこにいる時は時間が止まっていると言うか…。コーヒーもやや濃い目でカップの縁も比較的厚くって。アイスコーヒーだって、すごく濃くって。そんな感じですかね。最近、無いです、こんな店。少なくとも近くにはないように思いますけど、探せばどこかでひっそりとあるのかもしれません。

学生の頃はこういうところで、長時間文庫本なんか読んでたなあといまさらのように思い出しました。落ち着きます。そういえばジャズ喫茶なんていうのも、最近は希少価値のあるところなんですかね。別の意味でここではいろんな勉強もしましたけど。

喫茶店

 - 料理ブログ,