~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

嫌いなもの

      2018/05/16

先日、webを見ていたら「あなたの嫌いな(苦手な)食べ物」ということで、日本全国の20代から80代の200人に聞いてみたというアンケートが出ていました。日本全国で200人というサンプリングはいかにもという感じですが、面白い結果も見えます。

カウントダウン風に言うと、5位が「なまこ」なんだそうです。中国料理では干したものは高級食材で、内臓を塩漬けにしたものは「このわた」というものですが、なんか高級品だなあという感じがします。なぜ嫌いかはどうも見た目のようですね。4位はセロリなんだそうです。生で食べるとかだとやっぱり香りに対する抵抗があるようですし、味が駄目という人もいるようですが、意外と煮込み料理なんかに使われていることが多いんですけどね。2位は同率で納豆とゴーヤが選ばれています。納豆は関西方面でも最近はよく売れているようですが、私も昔は食べられませんでした。ある時を境に納豆も食べられるようになったのですが、それは「頭に良い」という単純なものでしたが。いろんなものを混ぜ込んで食べるのも面白いです。前にも言ったかもしれませんが、ちりめんじゃことネギ、辛子の代わりにラー油を入れて醤油を垂らすというのが、今のところ最も刺激的な納豆の食べ方ですね。ゴーヤもチャンプルーという食べ方以外になにかあるのかもしれませんが、料理は殆どゴーヤチャンプルーですね。第1位はなにかといえばピーマンなんだそうです。ピーマン使った料理は多いですよねえ。それでもピーマンがこの順位ということは、やっぱりサンプリング数とどこで調べたかですよね。クレヨンしんちゃんじゃあるまいし、大の大人がピーマン嫌いとは…。

しかし、見てみると苦いものが嫌いという人が多いんでしょうか?苦いものが食べられてこそ、大人といえると思うんですけどね。ビールの売れ行きが落ちているのもこの辺りに原因があるような気がします。苦いもの、案外美味しいんですけどね?!

嫌いなもの

 - 料理ブログ,