~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

誤食

      2018/04/18

毎年、この季節になると厚労省あたりからちゅういかんきがでるのですか、今年もやっぱり新聞に載っていました今年もかという感じですが、やっぱり出ましたね。主なところはニンニクとスイセン、ギョウジャニンニクと、この2組です。

なかなか、街中に住んでいると頻繁に野草などというものにはお目にかかることは少ないのですが、山菜をとったりする方は注意してもらいたいところですね。自分で採って自分で食べる分には自己責任で片付けられてしまいますけど、これを隣の人にあげちゃったとなると、物事が厄介になります。スイセンはニラと似ていますが、ニラのような独特の匂いはしません。ここが見分けるポイントかと思いますが、スイセンはどこを食べても毒なんだそうです。家庭ではニラとスイセンを近い場所で栽培するのはマズイのではないかということも言われています。ギョウジャニンニクはあまり街のスーパーとかでは見かけることは少ないと思うのですが、イヌサフランというのとよく似ています。観賞用にはコルチカムという名前で売られていますが、これは球根のところが毒らしいのですが、痛風薬として薬事法で認められている薬でもあるそうです。土に植えなくても、水栽培みたいな形でも花が咲くらしく、開花後に土に植えると自然に増えるとか。犬が食べて死ぬこともあるらしいです。実は我が家でも3年ほど前に庭に植えていたことがありますが、幸いなことに犬が食べることはありませんでした。おまけに、栽培が下手だったのか増えることもありませんでしたが、綺麗な花が咲いていたように思います。

他にもこういったたぐいのものがあると思いますので、山菜料理には注意が必要ですね。かなり前になりますが、自然界のこのような毒を使って殺人事件があったりしてから、注目されるようになったそうです。わからない時には食べないことが一番ですね。

誤食

 - 料理ブログ,