~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

ビール

      2018/04/17

ビールの売上が落ちているという話を何年か前からよく聞きます。これは若い人たちのアルコール離れが影響していると思われるんですが、ビール離れというのは日本だけではないようで、本場ドイツでもそんな話を聞いたことがあります。

どうも世界的に見て、若い人のアルコール離れというのが進んでいるような気もします。フランスやイタリアあたりでも、ワインん消費量が落ちているという話を聞きますし。いつ頃のことだったか忘れましたが、一部のアメリカのセレブだったのか、インテリ層だったのか…、健康的な食生活をしていますということで「お酒は飲みません、ペリエ(天然炭酸水のブランド)をください。お肉も食べないので野菜をください」みたいな人達が現れてきてからのようにも思いますけど。今でもいらっしゃるとは思うんですけど、お酒を飲まない人が増えているというのは、お酒をよく飲む人にも責任があるような…。飲酒に関して責任問題もアレなんですが、まあ飲酒で荒れたり、おかしな行動を取る人も少なくありませんから、若い人はそういう場所を嫌って飲酒傾向が少なくなっているのかもしれません。日本では熱いときがビールの稼ぎ時だと思うんでが、やっぱりビールは冷たいものと思っています。でも、イギリスとかではそうじゃないんですよね。だから暑い時にゴクゴク飲むというのには向いていないんですよね。冷たいものを飲むならジントニック?!というのは、昨夜読んだオキシローという著者の短編小説の一節ですが。ドイツではビール純粋令というのがあって、ビール製造に関わることが決められているらしいのですが、日本では酒税法が改正されていろんなハーブなどを入れてビールが作れるようになったようです。

気温が上がってくるとビールですが、私はどちらかと言うとジントニックの方ですね。ビールに氷を入れる方もいるようですが(国によって入れるところがあるそうです)、やはり氷の冷たさにはね。いや、暑い時はジントニックよりはレゲエパンチかな?

ビール

 - 料理ブログ,