~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

ピーナツ

      2018/03/20

ピーナツといえば、チャーリーブラウンとスヌーピー!というのはかなりのマニアかもしれません。そういえば黒いピーナツというのもありますたね。もう覚えている方も少ないと思いますけど、何かの汚職事件のお金の単位?だったように思います。

週刊誌のweb記事に出ていたのですが「中国産のピーナツは猛毒だから危険」というものです。なんだかヘイトっぽい記事かなと思って読んでいたのですが、どうもそうではないようだったので、読み進んでみました。日本は国産のピーナツを除くと安いものはほとんど海外から輸入していて、それは主に中国とアメリカなんだそうです。もう一つ言うと、中国は世界で一番大奥生産しているようで、2位のインドの2倍位はあるらしいのです。「猛毒」と言うのは実はカビに由来するもので、適正に乾燥させないで船便で輸入されるものにそういったものが多いんだそうで、これは中国産だけに限らず、アメリカ産のものにもあるそうです。日本の製菓会社などが中国で栽培を依頼しているようなところでは、きちんと乾燥して処理をして輸出しているので、こういった物は少ないらしいのですが、場所によっては収穫が多くなると十分に乾燥する時間がとれないくて出荷してしまうので、輸送中にそこからカビが発生して、毒素を作るということでした。この記事を書いた方が見に行ったところではそんなに裕福なとk路ではなくて、農薬も最小限しか使っていないし、十分に乾燥させているし、処理施設も非常に清潔なところだったということでした。ちょっとびっくりしたのは、農薬にお金がかけられないので最小限の農薬しか使っていないというのは理にかなっているかと思います。ちゃんと面倒を見なければ収量が落ちてしまいますからね。

ということで、殻付きのものを食べる時は、十分に乾燥された殻の白っぽいものを。また色が変わっているようなものは食べないほうが良いと書いてありましたけど、常識的に考えてそれは食べませんよね。柿ピーは好きなんで、食べすぎるきらいがあります!

ピーナツ

 - 料理ブログ,