~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

日中友好40年

      2018/02/09

今年は日中友好40年になるそうです。微かに覚えているのは北京で田中角栄さんと周恩来さんがお互いに書面に署名して、その後、周恩来さんがすごい勢いで田中角栄さんと握手していたことが印象的だったように思います。

あれから40年経過したということですよね。日本には中国が溢れているところもありますし、食に関していえば中国のものが多く入ってきていますよね。正確に言うと「中国に影響されたもの」が多く店頭にあるということでしょうか。今更なんですけど、餃子をオカズにしてご飯を食べてると、中国人の方はびっくりされるとかいうのは、もう有名な話ですよね。まあ、大体日本で食べられている多くの餃子は焼き餃子ですけど、これは中国では余った餃子を翌日に食べる時に炊くということが多いそうです。ちょっと真偽の程はわかりませんが、そう聞いたことがありますし、中国で暮らしていた親父に聞いたことがありますが、やっぱり殆どは水餃子みたいなものだったらしいです。中国でも最近は日本食が流行っているということらしいですけど、まあ現地流にアレンジされているんでしょうね。どこの国の料理もそうですけど、最終的には現地流にアレンジされて、「それらしきもの」が浸透していくんでしょうね。ラーメンみたいに中国に逆輸入されるようなものもあるかもしれませんけど。

そういえば北京で吉野家の牛丼を食べたことがあります。オリンピックが行われる前ですけど。味ですか?うーん…。マックも行きましたけど、店員さんは日本と同じようにポテトもいかがですかと言われたようです、中国語はわかりませんでしたけど。

日中友好

 - 料理ブログ,