~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

和洋折衷

   

アメリカンドックのことをいろいろ考えてたら、料理の和洋折衷って意外と多いなと。
最も身近で有名なものとなると、これはアンパンがチャンピオンではないかと思う。パンは洋の主食と言っても良いのだろうか?その中にアンコを入れてしまうのだから。

他には何があるだろうか?トンカツなんかもかなり和洋折衷というか、日本食に近いものなのではないかなと思うが、まあこの辺りは色んな意見の出るところだろうか。

街中にある「洋食屋さん」もかなり和洋折衷であることが多いように思うのだがどうだろう。出てくる料理は洋風であるが、割り箸を使って食べることが多いように思うし、ご飯!は茶碗、または丼に入れて出てkる場合もあるし、何より味噌汁がついてくるあたりは、なかり和洋折衷ではないかと。

いやいや待てよ、和洋折衷だけではなく、前に書いた天津飯のように和華雪中というのもあるのかもしれない。横浜の有名なお店で出している「シウマイ」はいわゆる一般的な中華料理店で出ている「シュウマイ」とは多少異なるものだし。

しかし、何が和洋折衷だと言って、日本人の味覚がすでに和洋折衷になっているような気がする。まあ、ちょっとこの意見も意味不明な気がしなくもないが…。

 - 料理ブログ,