~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

ほうじ茶

      2018/01/18

最近、ほうじ茶が流行っているらしいですね。コンビニのコーヒーマシンなんかでも、ほうじ茶のラテとかありますから。以前に宇治茶の生産地である京都府下の和束(わずか)町というところに行った時に、抹茶とほうじ茶のプリンを食べたことがあります。

ほうじ茶(焙じ茶)というくらいですから、焙じてあるつまり、焙煎してあるお茶ということですよね。webで調べてみると、抹茶、煎茶よりは一段下のお茶ということにはなっていますけど、普段はあまり煎茶というのは飲まないですね。どちらかと言うと、番茶とか焙じてあるお茶をよく飲みます。淹れた時に緑色のお茶ではなくて、茶色のお茶ですね。どうも、京都では京番茶と呼ばれているようですが、煎茶というのは昔我が家では「良いお茶」ということで、お客様にしか出さなかったように思います。今でこそ抹茶を気軽に飲んでいますが、子どもの頃はそうではなくて、番茶で餅菓子という感じでしょうか。京都で言うところの「菓子司」みたいなところで売られているものではなくて。たまにお茶屋さんの前を通ると、お茶を焙じている香りがして、無性に飲みたくなってしまうことがあります。今では煎茶も焙じ茶もペットボトルで気軽に飲むことができますが。

そういえば、島根県の一畑薬師というところに行った時、ここは眼病に効くというところで、お茶を買って帰ったことがあります。このお茶で目を洗うと良いとかいうものでしたが、これも焙じ茶だったなか?良い香りだったように思います。

ほうじ茶

 - 料理ブログ,