~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

今年の一皿

      2017/12/13

先日、「今年の一皿」というのが発表されていました。今年の一皿は鶏ムネ肉料理だそうです。高タンパク、低脂肪が人気だったそうですが、ちなみに去年はパクチー料理だったそうですが、もう去年みたいに余りパクチーが料理の記事に載ることは無くなりました。

どうして鶏ムネ肉料理なのかは、書いたとおり高タンパク、低脂肪、そして低糖質なんだそうですが、今年の料理の流行りはやはり低糖質だったんだなあと思えます。糖質はやはりダイエットなどを考えた場合有効なんでしょうか?私の主治医は糖尿病の専門医としてもいろいろと診察をされている方ですが、前にも書きましたが、余り低糖質の食事を推薦しておられません。まだ、いろいろとわからないことが多いので、少なくとも病気を持っておられる方は、極端な低糖質の食事はやめてくださいということでした。ダイエットするなら、やはりバランスのとれた食事というのが一番だそうで、極端な体重の低下はいけないということでした。かなり昔の話ですが、体重より体型ではないかということをよく言われましたね。全く糖質を取らなかったり、無理な低糖質の食事は身体に良くないようには思います。

さて、問題?は鳥のムネ肉をどうしたら、パサパサにならないようにジューシーに料理するかということですが、それは水分を肉の中に入れるようにすればいいわけで、ともかくフォークとかで穴を開けるということでしょうか?

今年の一皿

 - 料理ブログ,