~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

クリスマス

   

クリスマス

今ひとつ、盛り上がったのは若い人たちだけだった?ハロウィンが終わると、もうクリスマス商戦だ。といっても、もうそんなに先のことではなく、そろそろ一ヶ月前になろうとしている。

クリスマスと言えば、まず思い浮かぶのがクリスマスケーキというのが、庶民感覚ではないかと…。いや、そんなことはないと言われても、クリスマスにはなんとなくケーキを食べるに違いないと思うのだが。それもカットしたケーキではなく、まるごと、つまりホールのケーキだ。

年配の人には懐かしいかもしれないが、大昔?は白いデコレーションケーキといえばバタークリームだったのではないだろうか。チョコレートクリームのケーキもあったような気もするが、それももちろん生クリームではなかったような気がする。めっきりバタークリームのケーキはお目にかからなくなってしまった。私自身、バタークリームのケーキを口にしたのは10数年前の北京の市場で買った、毒々しい赤い色のチェリーが乗ったショートケーキだった。バターケーキが華やかな頃は、日本でもこんなトッピングも多かったように思う。

子供の頃、アイスクリームのケーキもあったような気がする。今もそんな商品はあるのだろうが、当時はもちろん、そんなものが入る大きな冷凍庫(冷凍冷蔵庫もなかったような…)があるわけでもなく、クリスマスイブの当時、店に取りに行くとドライアイスがてんこ盛りに入ってたような気がする。なかなか固くて切れなかったような記憶もある。

昨今はかなり小さなサイズのホールケーキや、ドーナツショップではデコレーションケーキを模した様なドーナツもあるし、そういったものでクリスマスを過ごすこともできる。

変わらないのは、部屋を暗くしてろうそくを立て、ジングルベルを歌うことくらいか?!

 - 料理ブログ,