~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

量り売り

      2017/11/14

ワインの量り売りのことが新聞のwebSiteの記事になっていました。量り売りって、容器をリユースできるのでいい方法だと思うんですけどねえ。確か焼酎の量り売りは観たことがあるように思います。お味噌とかも以前は量り売りだったように思いますけど。

お味噌は今でも、お味噌屋さんに行けばあると思いますけど、確か400g以上じゃないと売ってくれなかったように思います。まあ、4人家族とかだったら、400gの消費はそんなに時間はかからないと思うのですが、少人数の家族ではちょっとね。量り売りがもっと盛んになって、環境に優しくなるにはある程度少量でも売ってもらえることと、もう一つは昔のように専門店ができることなんじゃないでしょうか?難しいと思いますが、求める人が求める量を買えるようにしないと、食品ロスなんかも生まれますし、環境に優しくないとは思うんですが。子どもの頃はお菓子だって量り売りでしたよ。ある期間内に食べ切れる量が買えるようになると、余計な保存料とかも必要なくなるし、健康にもいいのではないかと思いますけど。以前何かで読んだ話ですけど、フランスだったと思います。おばあさんが私だけ食べるんでということで、肉屋でハムを1枚だけ買って買ったという話を見ました。これって、その日だけ消費するようなんでしょうし、こうすることによって年配の方々は家に閉じこもること無く、外へ出ていかれるのかなと。

もう少し、量り売りという方法が広がればいいかなと思いますし、スーパーなんかも総合店舗?っぽいものではなくて、専門店の集合体という形を取れば、地元密着になれるのではないかと思うのですが。どこに行っても同じものしか売っていないのでは、ちょっとね。

量り売り

 - 料理ブログ