~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

牛肉

      2017/11/02

先日、webの新聞記事で宮崎県の都城市で、宮崎牛の給食が出たという記事を目にしました。小中学校の給食に宮崎牛のステーキが登場したという記事でしたが、一人100gだったそうで、「軟らかい」「毎日でも良い」という意見もあったとか。

宮崎牛の給食、いつもは1食252円だそうですが、この給食は肉だけで1000円なんだそうです。そりゃ、和牛だし美味しいでしょう。こんないい記事が出てる中で、兵庫県の方ではJAがらみのレストランで、神戸牛だと言って但馬牛を出していて、返金するというニュースもありましたね。やっぱり但馬牛と神戸牛では違うんでしょうか?このあたり良くわかりませんけど。やっぱりブランド名というのが大きく影響してるんでしょうね。松阪に行ったら松阪牛でしょうけど、記憶を辿っていっても松阪牛というのは食べた記憶がありませんね、何回も行っていますが。いつも食べるのはホルモン系の味噌味の焼肉なので。まあ、そういうブランドのお肉も美味しいんでしょうけど、見るたびに脂ぎっているなあと思います。もう、そろそろ赤身のお肉が美味しい年齢になっていますので、無理やりサシの入ったブランド牛でなくても大丈夫です。

確かコミックの「美味しんぼ」だったと思うのですが、フランス人だったかブランド牛のステーキを食べて、この牛の内臓も食べてみたいと言うんです。調理した人はそんなものは捨ててしまいますというと、日本の食文化を馬鹿にするんですが…。

牛肉

 - 料理ブログ,