~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

のり弁

      2017/10/27

コンビニでのり弁風おむすびというものが売られているようです、期間限定ですけど。まだお目にかかったことはないんですけど、おかか(鰹節)が入ったおにぎりに磯辺揚げのちくわと白身フライがトッピングされているらしいです。

のり弁っていわゆる「ほか弁」というモノができた当初からあるメニューですよね。のり弁、シャケ弁、唐揚げ弁当は今でも殆どのお弁当屋さんにはあるんじゃないでしょうか?今はどうなんだか、定かではありませんが、昔は東の方と西の方ではトッピングに違いがあったように思います。少なくとも京都ではちくわの天ぷらと白身魚のフライが乗っていたと思います。でも、当時読んだ「大東京ビンボー生活マニュアル」というコミックでは主人公が買うのり弁には、必ずコロッケが付いていたのでした。どちらかと言うとコロッケ好きな方なので、そっちのほうが良いなと思いましたが、京都ではどこで買っても白身魚フライです。ある時、ふらっと車で一人関東東北方面に旅行に行ったのですが、その時食べたのり弁はコロッケでしたので、やっぱり地域によって違うのかなと。とりあえず、貧乏な旅行でしたので、昼はほか弁を多く食べていましたけど。

やっぱり地域によって、いろいろと違うものがあるんだなと実感した旅行でした。その中でも、このほか弁の違いは一番印象に残っている出来事でしたが、最初に書いたのり弁風おむすび、コロッケはちょっと難しかったのでしょうか?それとも今では東でもフライ?

のり弁

 - 料理ブログ,