~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

      2017/10/20

先日、ラジオを聞いていたら、その日の投稿テーマが「卵」でした。で、投稿されてきたメールに「卵ってどんな味なのか?」という卵アレルギーの彼女から効かれて返事に給してしまったという男性からのメールがありました。

途中までしか聞けなかったので、どういう答えになったのか知る由もありませんが、たしかに卵の味の説明は難しいものです。私もある年齢までは生卵に対するアレルギーでした。完全に火が通っていれば大丈夫なのですが、よくある親子丼なので、半熟になっているものとかは食べられませんでした。何のアレルギーが怖いと行って、卵と小麦粉は一番厄介なのではないかと思うのです。カニとかエビとかは気をつけていればなんとかなるかもしれませんが、この2つはちょっと大変ですね。昔、パン屋さんの隣の店でアルバイトしていたことがあり、そこのご主人曰く「フランスパンしか買わない」方がいたらしく、聞いてみると卵アレルギーのお子さんがいたからなんだそうです。フランスパンは食パンなどと違って卵、使っていませんからね。小麦粉アレルギーだととろみがついているものも怖いかもしれません。ある程度の年令になると、自分のアレルギーに対して自衛はできるんですけど、それまでは危険な場合があったり、アレルギーに無理解な人がいたりすると、怖いことになったりします。

ところで卵の味っていうのは気になります。卵ってどんな料理にも化けますからね。だし巻き、オムレツ、芙蓉蟹と代表的な和洋中でもすぐに出てきます。全部味は違いますし、食感も違いますから。これを説明しろと言われも困ってしまいますよねえ?!

卵

 - 料理ブログ,