~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

ストローレス・イン・シアトル

      2017/10/24

アメリカのシアトルで「ストローレス・イン・シアトル」というキャンペーンが始まっているらしいのです。これは海洋生物を守るために、プラスティックの廃棄物を少なくするというのがベースになっているようなのですが。

webの記事によると、とシアトルといえば、有名なあコーヒーチェーンの発祥の地なんですけど、毎年800万トンのプラスティックが海に流れ出しているということで、それを少しでも少なくしようということらしいんですが。シアトル空港やメジャーリーグのマリナーズの本拠地であるセーフコ・フィールドなんかもこの運動に参加してるとか。こういったところではストローを使わないようにするか、自然に土に帰る紙のストローとかそういったものを使っているそうです。しかしよく考えてみると、例の有名なコーヒー屋さんの提供している飲み物って、ストローなしでは?と言うものが多くありませんか?アイスコーヒーやアイスティならストローなしでもいいですけど、スムージーとかシェイクは厳しいような気もしますけど。しかs,紙のストローってあるんですね。かなり前にも書いたことがありますけど、子供の頃には藁のストローもあったような記憶があります。あれなら自然に戻せるし。明日から、とりあえずストローはもらわないことにしましょうかね。

もうちょっと、電気とかにしてもそうなんですけど、再生可能なものを使っていかないと、資源も枯渇するし、食べるものにも影響してきますよね。今回の取り組みはごく細かいフラスティック粒子を魚なんかが取り込んでしまうということから来ているのでしょう。

コーヒー

 - 料理ブログ,