~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

蟹のシーズン

      2017/10/12

そろそろカニのシーズンが近づいてきましたね。電車の広告や新聞の折込チラシに、もう少しすると日本海へのカニのツアーとか、そういったものが溢れ出します。カニ自体はそんなに好きなわけじゃないんですけど。いや、食べるのが面倒だからかなあと…。

あわら温泉で有名な福井県あわら市では、その蟹の殻を農作物の肥料に使っているという記事が出ていました。なんでも、6年くらい前から使っていて、トマトは今や「かにからとまと」というブランドになっているそうです。ぶどうもこのカニ殻の肥料を使って作っているらしいです。そういえば、かなり前にカニの殻を使って、火傷したときの皮膚の回復?に使えるということで、これも日本海側の何処かで殻を回収しているという話を聞いたことがあります。ともかくかにの殻というのは、食べただけ出ますから、何か再利用できるものであれば利用しない手はないですよね。同じ甲殻類?のアメリカザリガニも外来種として嫌われているんですが、厳正に管理すれば良いタンパク源とかにならないんでしょうか?外来種だからとか、害獣だとかいろいろ言われるものはありますが、昨日の昆虫食の話ではありませんがもっと利用できるとおもいませんか?

話は戻って、カニ。高校生の頃、友人と共に夏の北海道に貧乏な旅に行きました。層雲峡の旅館で部屋は谷底に近いようなところでしたけど、なんと毛ガニが出ました。味は覚えていませんけど、丸ごと1つカニが出てきた時は無知な高校生なんでびっくりでした。

カニ

 - 料理ブログ,