~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

肉の加工食品が…の件

   

WHOから加工肉の摂取ががんの発症に関する原因になるという見解を出したとか。
喫煙やアスベストと同様「人に対する発がん性」のある物質に加工肉を分類してていて、特に直腸がんとの関連を指摘していると、CNNのwebサイトのニュースが伝えている。

今頃そんなことを言われても、もう長い間ハムやウィンナーを食べているわけだし、今更弁当のおかずからこれらを削除するわけにも行かないだろう。
この研究者の方々は、ハムエッグやベーコンエッグは食べないんだろうか?

いろんな機関がこれを否定するコメントを出してはいるが。

まあ、こういった食品に関していろいろと敏感に反応している人も多いと思うが、どうなんだろう。
以前マーガリンは体に悪いという(真相は別にして)webでの情報を受けて「マーガリンは全て捨てました」とかいうコメントを残していた人もいた。ずっと、マーガリンを食べていて、そこから止めたとしてもどれだけのリスク回避ができるんだろうか。

もっとも、マーガリンとファストスプレッドの区別がどれくらいできているのかも疑問だが。

まあ、どんなに良いとされるようなものでも、それだけ食べるとか、多く食べるとかすれば良いものでも良くなくなってしまうような気がする。当たり前か。

例えば以前にTVで紹介された納豆のように、商品が店から消えてしまうというようなものには、その時点で積極的に手を出そうとは思わない。流行りのものが良いとは限らないし、爆発的な人気になると手頃な値段ではなくなる。

やはり、バランスよく食べるのが一番良いのではないだろうか。

私の場合、今のところ、毎日決まって食べているものといえば、お茶、抹茶だけか。このところ毎朝、時によっては夜でも飲むことがある。
小さなミルクパンでお湯を沸かし、カフェオレボウルでお茶を点てるのが、今のところの私の流儀だ。

 - 料理ブログ,