~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

給食の弁当

      2017/10/03

先週あたりでしたっけ?ある自治体の中学校のky夕食の残食率が以上に高いと話題になったのは。味が薄いとか、冷たいだとかいうのはまだわかりますけど、かなり多くの異物混入もあったと新聞のwebSiteは伝えていますけど。

話題になっている自治体の給食の弁当ですけど、これはひどいんじゃなかと思います。実際にPTAが弁当の残し具合を写真に撮って公表されていますけど、殆ど食べていないんじゃないかなという感じもしなくありません。これじゃお腹が空くだろうなと。聞くところによると、この自治体の小学校は各校に給食調理の施設があって、温かいものが食べられるということでした。中学校はこうした施設を作るよりも、弁当のほうが経費的に安いということでこちらにしたようですが。中学生といえば育ち盛り、これではお腹が空くだろうなと思います。かなり冷めていても、味が濃い場合がまあまあ食べられないこともないと思うのですが、栄養士さんは意識的な薄味にされていたようで、多分ほとんど味を感じないんでしょう。数値だけでの献立作りで、この栄養士さんは実際に冷たくなったものを食べていなかったんじゃないかと想像してしまいます。これは自治体幹部も同じでしょう。おまけに異物混入です。これではたまったものではありません。

とりあえず、新聞報道だけを見て、いろいろと考えてしまうますが、少なくとも異物混入の件はもう少し早く動くべきでしたね。どうも折角の給食、それを提供する大人たちの発想に柔軟さがかけているように思います。自らの体験を思い出せないものかと。

弁当

 - 料理ブログ,