~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

地名の付いた企業

      2017/08/03

印象的な地名を店舗名につけている飲食店が最近多くあります。もしかすると、地元で支持されてそれが全国展開につながってきたのかなあと思っていませんか?意外とそうでもないようです。

この話題、前から少し気にはなっていたので、調べたこともあります。いろいろとその地元の人に聞いたり、ネットで調べたりして「なるほどなあ」と思ったものもありましたが、先日、webの新聞記事に出てましたねえ。私がこの話題を考える切っ掛けとなった某「M製麺」。讃岐うどんを売りにしていますが、四国の友人曰く、地元のうどん屋に行くよとの事。店名になっている街には店舗がないんだそうです。元々、兵庫県の焼き鳥チェーンの会社が、兵庫県を第一号店として開店したんだそうですが、うどんを提供するシステムとしては香川の小さなうどん屋さんと大差ないので、よく考えたなあと思いますが。博多を名乗っていても、実際に店舗を運営しているのは東京が一号店だったりするところもあるようです。どうも、地域名、地方名に惑わされているようなきがするんですが、これも味に多少影響はあるんでしょうか?こういう地元地名が入っているところは、その地方にも店舗があるのかどうか最近は確かめることが多くなりました。その地方に店舗があれば、多少その土地の味に近いのかなあとも思えますけど。それは違うかもしれません。

まあ、どっちにしても、その地域に行って、本場のものを食べるのが一番いいことなんですが、なかなかそういう訳にも行きませんからね。とはいえ、もうすぐ社会人にも短いながら夏休みが来ます。楽しめる方はいろんな地方の美味しいものも食べてみましょう!

讃岐うどん

 - 料理ブログ,