~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

お箸

      2017/07/26

世の中にはスプーンやフォークを使って食べる文化、手で食べる文化に分類されているようです。フランスなどでは、もともとは手で食べていたそうなのですが、王族がイタリアあたりと婚姻関係を結んだことによって、フォークで食べる文化が広がったとか。

まあ、フランスの話しは誰かに聞いた話だったかもしれないので、確信はないんですけど。日本はお箸で食べる文化ですよね。同じお箸の文化でも、中国や朝鮮半島とはちょっと違うんだそうで、中国では日本のような長さのお箸は不向きだそうです。テーブルに大皿で料理を出されることが多いので、短いお箸だと届かないんだそうです。韓国のお箸は金属製ですよね。あれはどうなんでしょうか?外国人の方が日本食事で苦労するのは、やはりお箸のようです。単に食べるということだけなら、フォークで代用することも可能ですけど、文化という側面も一緒に「食べたい」と思うのであればお箸ですよね。とは言え、最近は牛丼屋さんでもスプーンが置かれているところもあるので、日本人のお箸離れも進んでいるんでしょう。そうはいっても、最近流行りのプラスティックのお箸で麺類を食べるのはちょっと苦手ではあります。

ところで先日、食べられるお箸というのを記事で見ました。熊本の国産い草で作られているらしいです。粉末にして焼き固めてあるらしく、一膳でサラダ1皿分の食物繊維があるとか。畳への消費が少なくなっているので、意外といいかもしれませんね。

お箸

 - 料理ブログ,