~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

お刺身

      2017/07/19

京都は昨日、祇園祭の前祭の山鉾巡行が終わって、本格的な夏がもう目前という感じです。とは言っても、祭日と重なっているので、流石に見に行くこともなく無関心を装う京都人です。来週はちょっと静かな後祭が控えているので、宵山には行ってみようかなと。

さて、関西の夏祭り、権まつりと大阪の天神祭に欠かせないのは「鱧」ですね。この季節になると、やはり「ハモのおとし」ですか。まあ、鱧の場合はおとしにしても茹でて氷水に入れるので関係ないのですが。最近はちょっと落ち着いてきたのかとも思いますけど、お刺身の売れ行きが悪いんだそうです。例のアニサキスですね。よくある都市伝説みたいなもので、よく噛んで食べれば大丈夫だというのもありましたけど、もちろん駄目ですよ。原因は鯖が一番多いそうなんですが、サンマやアジ、サケ、イワシ、イカなんかにも寄生するようですが、どうして最近話題になっているかというと、2013年からアニサキスでの食中毒が届出の対象になっているからなんですよね。それと芸能人の人達のSNSに対する書き込みも大きく影響しているのかと。もう一つは冷蔵技術の発達で、これまでは冷凍されていたものが冷蔵で流通することで、アニサキスの寄生虫は死滅しなくなったからというのもあるそうです。寄生虫はマイナス20度で24時間以上冷凍するか、加熱しないと死滅しませんので。

ちょっと復習みたいになりましたけど、ちゃんと処理すれば心配ないので、お刺身も安全に食べられます。もちろん、保管状態の悪いお刺身なんかだとアニサキスに関係なく、お腹が痛くなってしまいますけどね。注意して楽しみましょう!

さしみ

 - 料理ブログ,