~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

三すくみ

   

先日、なぜか知人と話をしていて「三竦み」の話題になりました。ご存じの方には説明する必要もないんですけど、わからない方はwebででも調べてください。色々あるようで、一概にこれが三竦みというというものが語れないので。

で、三竦みとはあまり関係はないのですが、先日オフィスでお昼休みに「冷麺が美味しいですね、暑くなってきたので」という女児の方々の会話が。そうですねという答えがありましたけど、答えを聞いてうーんと考えてしまいました。ひとりは日本人の女子。もう一人は韓国の女子。名前は同じ冷麺なんでしょうけど、中身は違いますよね、多分。日本女子のイメージされていた冷麺は、多分中華麺の冷たい冷麺でしょうか?。冷やし中華というのかもしれませんが、これには異議を唱える方もいるかもしれませんけど。韓国女子の冷麺は平壌冷麺と呼ばれるものなんでしょうか?いや、韓国に平壤冷麺はないのかもしれませんね。黄色い冷麺ではなくて、焼肉屋さんとかで出されているような冷麺ではないかと思います。で、私は横で聞いていて何を思ったかというと、「盛岡冷麺が食いたいなあ」ということでした。盛岡冷麺は大好きです。コシの強さと言ってら、ゴムを食べているようにも思えますが、デンプンでできていますので。

しかし暑い時は冷たい麺に限ります。朝鮮半島の冷麺とか、ざるそばにはアレルギーの関係で食べられないので、憧れてしまいます。そんなことを考えていると、盛岡は冷麺もあるし、じゃじゃ麺もあるし、なんだか天国のようなところだなあと思ってしまいます。

冷麺

 - 料理ブログ,