~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

夏越

   

夏越

今日は6月30日。今年も早、一年の半分が過ぎてしまいました。で、今日は夏越の神事というわけです。今年前半の厄を今日、払うということですね。神社に行くと茅の輪くぐりとかして、厄を落とします。

京都では夏越の日には、「水無月」を食べるということは、以前にも言ったような気がしますが。水無月は氷室に冬の間に溜め込んでおいて、夏の暑いときに出して高貴な方だけが食べられる氷を模したものだと聞いたことがあります。まあ、氷でなくとも、とにかく水無月を食べて厄を払って、今年の後半に向かわねばと思いますが。で、京都は明日から日本三大祭の一つである「祇園祭」が始まります。祇園祭って例の山鉾巡行だけではなくって、7月中ずっと行われるお祭りなのです。とはいっても、八坂神社の氏子さんのお祭りなので、その他の京都市民にはあまり関係がないといえばないんですが。でも、大きなお祭りですので、うちにも玄関に厄除けの「粽」は飾ってあります。この粽は食べられないので有名なんですが、かなり前に何も知らない観光客が持って帰って中を開けたら何もあ入っていないと騒いだことがあって、今もあるかどうかはわかりませんが、食べられる粽も売っていました。この厄除けの粽は、山や鉾によってデザインも違うし、値段やご利益も違います。安産のお守りもあるし、落雷よけのお守りもあります。まあ、安産はわかるんですけど、落雷避けはやはり昔火事が多かったんでしょうね。パソコンとか使う者にとっては落雷避けは必須です。昔、東京から遊びに来られた女性は保昌山(ほしょうやま)の粽を買って帰られました。ちなみに我が家は、ここ暫くは郭巨山(かっきょやま)の粽を飾っています。でもやはり、長刀鉾(なぎなたぼこ)とかが多いですね。

八坂神社の氏子さんたちは、祇園祭の間はきゅうりを食べないと聞いたことがありますが、これはきゅうりを切った時の切り口が、八坂神社の紋に似ているからということです。そうそう、昔、車で来てカーナビに祇園と入力しても出てこないので、どこに行ったらいいのですか?と言われたことがありますね。

 - 料理ブログ,