~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

丼もの

   

丼もの

最近、丼ものの話題がよく取り上げられることがあります。もう牛丼であるとか、豚丼であるとかいうのは、ファストフードになってしまっていて、街中では24時間お店で食べられるという時代になってはいますが。

最近良く見るのはローストビーフの丼でしょうか。よく見るパターンでは丼の縁の方までお肉がはみ出しているものですね。まあ、美味しいそうだとは思うんですけど、ワタシ的にはちょっと丼と言うには違和感があるなあと思うのです。どちらかと言うと、ハワイが発祥のロコモコに近いのかなあという感じです。海鮮丼も丼と言うにはちょっと違和感を感じるものです。こちらはちらし寿司をそのまま丼に持ってきたようなそういう感じです。この2つに共通しているのは、いわゆる「丼つゆ」でしょうか。どう考えても具材の美味しさでご飯を食べさせているような感じです。昔ながらの私が思っているような丼とはちょっと違うよな気がsます。まだ、牛丼のほうがそういった感じはあります。私が昔ながらの丼だと思っている「定義」みたいなものがあるとすれば、それは親子丼とか、玉子丼のようなものです。天ぷら丼も関東風のものは、どちらかと言うと海鮮丼型に近いものではないかと思うんですが、昔ながらの京都で出されていた庶民的な天丼とはちょっと違うものです。まあ、色んな種類の丼があるものです。

私、なぜかキツネ丼というものが好きです。刻んである油揚げを九条ねぎと一緒に煮てあって、それを丼御飯の上にのせて、山椒がパラリかかっているものです。最近はうどん屋さんに入ってドン売りを食べるということが頬tンドなくなったので、今でもあるかどうか…。

 - 料理ブログ,