~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

「ぼんやり」の方がいい?~集中し過ぎは逆効果~ 【2017/05/22】

   

集中しようとしているときよりもぼんやりと休んでいるときの方が、脳が活発に動いているという研究結果があります。一生懸命取り組んでいると、集中していること以外は意識から締め出されているため、既存の考えにとらわれ過ぎてしまうのだとか。

難しい課題に直面したときこそ、お茶を飲んだり散歩をしたり、単純作業に切り替えたりして自由に思いを巡らせてみてください。ひらめきがあるだけでなく、ストレスも軽減されるはずです。
「ぼんやり」の方がいい?

 - 今日のひとネタ