~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

良い眠りで目覚めスッキリ~夕方の仮眠はNG~ 【2017/04/13】

   

睡眠時間は長くても、質が悪ければ日中の活動に影響します。
よい眠りのためには、体が最も活発に働くといわれる起床から11時間後に体を動かすなどして体温をしっかり上げておくことが大事。

一方、夕方に仮眠をとると就寝時間に体温が下がらず、寝つきが悪くなるので避けたほうが無難です。なかなか寝付けないときは無理に横にならずに一度起き上がり、眠くなるまで本を読むなどするとよいでしょう。ぐっすり眠って爽やかな目覚めを迎えたいですね。

良い眠りで目覚めスッキリ~夕方の仮眠はNG~

 - 今日のひとネタ