~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

甘酒祭で痛飲してみるのも悪く無いか?!

   

甘酒祭で痛飲してみるのも悪く無いか?!

明日は祭日である。
連休はもちろん嬉しいが、週の半ばで休みの日があるというのも嬉しいものではある。

祝日なので、観光の街、京都でも、もちろん寺社仏閣で何か行事があるのだが、意外にこの日はそういったものが少ない。いや、あるにはあるが、大きな行列を伴う祭りとか、そういったものは少ないということ。

そんな中でちょっと面白そうだなと思えるものは、石清水八幡宮のエジソン生誕祭と、梅宮大社の甘酒祭だ。どっちかというと甘酒祭だろうか。
この近くにある松尾大社も酒作りの神様として有名だが、梅宮大社も酒作りの神様として崇められている。安産の神様でもあるのだが。

で、甘酒祭であるが、ここの甘酒は酒粕を使って作られるものらしい。ということは、多少のアルコールが入っていると考えても良いのだろうか。

甘酒にはご存知のように二種類あって、酒粕を使って作るんものと、米麹を使って作るものがある。後者は全くアルコールが入っていないが、酒粕を使って作るとやはりアルコールは完全に抜けるものではないようだ。

まあ、好みによって分かれるが。
酒粕のアルコールというのも、結構効く。先日寒い日に粕汁を作ったのだが、どうも酒粕が柔らかかったので…。やはり作った直後に食べたら、かなり…。最近は機械で固く絞るのでこういう酒粕も悪くはない。

 - 料理ブログ,