~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

養老サイダー

   

養老サイダー

先日、新聞のwebページで「養老サイダー」という、昔あった地元のサイダーを復活させようという記事が出ていました。地ビールというのはよく聞きますし、結構多いんですが、地サイダーというのも結構多いんですよね。これって前にも書いたかもしれませんけど。

養老サイダーは20世紀初頭から作られているようで、炭酸が強くてスッキリした味だったそうです。最近の炭酸飲料はどうも「強炭酸」が流行りのようで、再現できればなんとか流行の波に乗れそうな気がしますね。地ビールはいろいろと法律に縛られれて、醸造する最低量とかが決まっているそうなんですけど、サイダーはそういう規制はありませんから、色んな所で作っているんだと思います。高速道路のサービスエリアや道の駅なんかにありますけど、ちょっと高めですね。中には「ん?」と思うようなものもありますけど、まあ面白いものも多いので、お土産にはぴったりなのではないでしょうか?どちらかといえば、奇抜な味付けよりも、養老サイダーのように名水を前面に出したものの方に興味がそそられます。サイダーもいいんですが、私はなくなりつつある「ラムネ」の全面的な復活に期待しています。今でも昔ながらの瓶に入ったラムネも、細々とは作られているようですが、ビー玉で栓がしてあってもペットボトルのものはイタダケません!リターナブルな瓶を利用する昔ながらのラムネこそ、環境に優しい飲み物だと思うのですが。

サイダーにしろ、ラムネにしろ、昔はリターナブル瓶に入って売られていましたよね。コーラなんかもそうでしたが、配送のことを考えるとそうも行かなくなったんでしょうか?そういえば、部屋に1リットルのコーラの瓶があります。これはスクリューキャップですね、流石に。当時は500cc瓶がホームサイズだったような…。

 - 料理ブログ,