~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

針供養と豆腐とこんにゃく

   

針供養と豆腐とこんにゃく

京都の嵐山にある法輪寺。
ここで有名なのは十三詣りだ。七五三詣りはどこにでもあるようだが、十三参りは京都だけなのかどうなのかは、よく知らない。数え年の十三歳になった男女が、詣りにいくのだ。帰りに渡月橋をわたって帰ってくるのだが、この時、後ろを振り返ってはいけないいうような風習もあったような…。

この法輪寺、2月と12月には針供養がある。
針供養は普段使っている針に感謝するもので、針は柔らかいもの、「こんにゃく」に刺すもの…、とばかり思っていたが、どうやらそうではないらしい。法輪寺のホームページを見ると白いものに針が刺さっているように見える。

もしかしたらこれは豆腐なのか?確かに豆腐は柔らかい。こんにゃくよりも柔らかいに違いない、歯ごたえが違う。どんなふうに料理しても、こんにゃくが豆腐より柔らかくなるということはないだろう。

二月の針供養は、今日行われる。今日、針を持って行くと供養していただけるらしい。但し、注射針などはダメなのだそうだ。

 - 料理ブログ,