~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

顎関節症 【2016/02/18】

   

顎関節症は、軽いものを含めると、一生のうちに2人に1人が経験するといわれるほど身近な病気です。

まず、食べ物をかんだり、長い間しゃべったりすると、あごが疲れたり、あごを動かすと痛みがあるなら注意が必要です。
また、口を開閉するととくに痛みを感じる、大きなあくびや、りんごの丸かじりができない、口を開閉したとき、カクカクと音がする人も顎関節症の可能性があります。

日常生活に支障を感じる場合は医療機関を受診しましょう。

顎関節症

 - 今日のひとネタ