~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

だし

   

だし

出汁と書いてだしと読みますね。山車もだしですね。両方共難読な漢字です。文字自体は簡単なんですけど、読めませんね。枚方とか一口と言うような地名なら、まあ仕方ないにしても「だし」はよく使いますからね。「いい出汁だ」とか「出汁が効いてない」とか。

だしってみなさんはどうしてますか?今ではほとんど、インスタントの顆粒や粉末、もしくは液体のものではないでしょうか。これは和洋中に限らずありますよね。中華だとちょっと半練りタイプのようなものもありますけど。あとは純粋に?!化学調味料という手もなくはありません。鰹だしだと、Tバックのようなものに入ったものとか、麦茶絵を出す時に使う、やはりティーバックのような袋に入れて、お湯につけておくとか。味噌汁も最近はだし入りというのもありますから、簡単にできますね。洋風なら固形スープの素!カレーとか作る時にはよく使います。まだ、実際には使っていないのですが、先日自動販売機で売っているという液体だしがあったので、買ってみました。750円でした。中には焼いたアゴ、つまりトビウオが入っているようです。見た目ちょっとグロい感じもしなくはありませんが、パッケージには中の魚は取り出してカリカリに焼いて細かくして、ふりかけにしてくださいと書いてありました。色々と使い道はあるようですが、近々お弁当のだし巻きに使ってみようかなと思っています。

これもダシなんでしょうか、旨味というか…。焼酎に昆布をつけるというのがSNSにありまして。瓶の中にだし昆布が入れてありました。作った方が試したところ、水割りとかよりも、これはお湯割りが美味しかったということです。なんか料理にも使えそうですね。
そうそう、冒頭の地名は枚方(ひらかた)、一口(いもあらい)です。

 - 料理ブログ,