~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

そろそろヤバイ賞味期限

      2017/01/26

そろそろヤバイ賞味期限

京都のお正月、お雑煮は基本的に白味噌ですね。西京味噌とかいうやつです。甘いです。これにお餅や金時人参、雑煮用の小さな大根、焼き豆腐だとか、頭芋なんていうのを入れてお雑煮を作ります。まあ、我が家では頭芋なんかは入れませんけど、どこでも似たようなものかと。

さて、困るのが白味噌です。正月三が日のうちに、白味噌でお雑煮を作るのはまあ元旦だけです。当然2日目になると、前日のものが余っちゃいます。まあ、これも適当に食べたとしても、3日目になるともう食べません。ここで白味噌の使用は打ち止めということになるんですけど、そんなことで白味噌を全部消費できるわけもなく。大家族なら良いんですけど、そうでもないところは余りますね。さて、どうしたものか。白味噌は普通のお味噌のように、賞味期限が長くないのです。以前、思いついたのが、お餅につけて食べることです。我が家の氏神様である、紫野にある今宮神社の門前に「あぶり餅」というお餅を出す茶店が2軒あります。細く割かれた竹の先に、親指の先程のお餅をつけて炭火で焼いて、白味噌ベースの甘いタレを付けて出されます。何年か前にこれに似たようなものを作って食べましたが、なかなか良い出来でした。が、これもそんなに多く食べられるわけでもありません。残りは普通の味噌汁とかに混ぜて消費していました。今年あたりは西京漬けに挑戦してやろうなと、密かに思っています。魚ではありふれているので、豚バラ肉とかどうなんだろうかなと。

さて、先に書いたあぶり餅のお店、前にも言ったかもしれませんが、TVシリーズの「鬼平犯科帳」のエンディングで、蕎麦屋の屋台が出ているシーンに登場します。店は夜なのでしまっている設定ですけど。

 - 料理ブログ,