~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

白い赤福餅

      2017/01/23

白い赤福餅

子供の頃から赤福餅は好きでした。たぶん向こうの方面に親戚があって、時折持ってきてくれたからだとは思うんですが、小学校の修学旅行は伊勢方面だったので、初めて自力で買って持って帰ってきた記憶も多少残っています。おみやげには生姜板もあったかな?

さて、その赤福餅なんですが、伊勢には何度か行っているので、行く度に店先にある床几に座って、そこで食べています。夏には赤福氷と言うものがあって、まあ簡単に行ってしまえば、抹茶味のかき氷に赤福餅の餡とお餅が入っているというものです。月の初めの方にはその月にあった餅菓子なんかを限定で売り出すというものもありますが、ラインアップを見ると、まあどれも京都では手に入るようなものが多くて、流石にそれを見当てに行ったことはありません。しかし先日、webの記事を見ていると「白い赤福餅」が、全国のお菓子の品評会みたいなものが伊勢市で開かれるのに伴って、会場で発売されるとか。昔あった黒糖を使った赤福餅も出るそうですが、何よりも白いのに赤福餅とはこれ如何に!ということで、興味をそそられます。どうやら白大豆を使って作られるようなのです。よく考えれば、エンドウ豆みたいなものをt買えば、緑色のものもできるのではないかと思うのですが。まあ、白いやつはぜひとも、紅白に見立てて吉日に販売してほしいかなと。

まあ、地方地方でいろんな銘菓がありますが、長くそういう製品を売っていくに早い変な苦労があると思うのです。この会社に限ったことではないとは思うのですが、いろんな事件とかもありましたしね。色んな意味で食べ物は大切にしなければいけません。

 - 料理ブログ,