~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

怪しい飲み物

      2017/01/18

怪しい飲み物

世の中には缶入りの飲料というのは無尽蔵にあると思います。どう見たって初めて飲むものは「怪しく」見えるのは当然じゃないかと。何しろ中身が見えませんからね。おまけに殆どの場合は、缶に直接口をつけて飲んじゃいますから。怖いといえば怖いかな?

子供の頃から今まで、いろいろと缶入り飲料を飲んできましたが、最初に驚いたのは北海道に行った帰りに乗った青函連絡船の中で飲んだ「ドクターペッパー」じゃなかったかと思います。その頃、近所でドクターペッパーは売ってなかったと思いますし、見たこともありませんでしたが、その名前だけは聞いていて自動販売機にあったので、買ってみました。夏のことで、喉が渇いていなので飲めなくはなかったのですが、残念ながら飲めませんでした。なんだか、当時お医者さんでもらっていた、風の時に飲む「水薬」というのに味がそっくりで、おまけに炭酸が入っていたのですら。確かに多少は甘かったですけどね。
次に驚いたのは「ルイボスティー」でした。夜、知り合いのイラストレーターと食事に行って、帰りにこれも自動販売機で購入。一口飲んでだめでした。お茶なのに。彼曰く、水の入った灰皿でタバコを消して、その水を飲んだような味!だったそうです。そして今。目の前にあるこの飲み物。ガラナ飲料ということですが、どんな味がするのやら。まあ、ガラナは飲んだことがあるので、想像できないこともないのですが、缶の色が微妙です。値段もそうですけど。

缶の飲料ではないのですが、一番ビックリしたのは中国で日本ブランドのウーロン茶のペットボトルを飲んだ時。まあ、聞いてはいたんで、認識はしていたんですが…。強烈に甘かったです。うーん、甘いウーロン茶を飲んだことがないわけではなかったのですが、強烈でしたね。

 - 料理ブログ,