~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

大豆加工品が好きな日本人は健康なのか?

   

大豆加工品が好きな日本人は健康なのか?

明日は初午の日である。初午といえばお稲荷さんだ。お稲荷さんといえば…、おいなりさんである。稲荷寿司を想像してしまうのは私だけではないだろう。

しかし、日本人は大豆が好きだなと思う。
まず、豆腐。中国大陸にもあるにはあるが、日本人ほど豆腐を多く食べている人種はいないだろうと思う。

豆腐を作った副産物である、おからはどうだ?最近こそ、おから自体を売っているところは都会では少ないと思う。子供の頃、京都では個人営業の小さな豆腐屋さんに行くと、白い球形をしたおからを売っていたように思う。
ちなみに我が家の近所では、今でもそういう豆腐屋さんが夕方に、ラッパを鳴らして豆腐を売り歩いている。

お揚げはどうだ?厚揚げにしろ、薄揚げにしろ、今でも欠かすことが出来ない食品の一つだ。薄揚げを炙って、ネギを添え、生姜醤油で食べるというのもなかなか粋なものではないんだろうか?

納豆もそうだ。和食の朝には欠かせないものなのではないだろうか?しかし、聞くところによると、納豆は夜食べたほうが体にいいとか。真偽の程はわからないが。そういえば、関西人はあまり納豆を食べていないのかな?

こんな健康的な食生活をみたら、欧米人はうらやましがる?いや、なんだか日本には遺伝子組み換え大豆しか、売ってもらえなくなりそうな気もする。

 - 料理ブログ,