~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

唐揚げ

      2017/01/13

唐揚げ

鶏の唐揚げは得意な料理の一つなんです。何回も出てきますが、毎年暮れに行われる餅つき大会には何かしらの料理が持ち寄られるのですが、前回は久しぶりに鶏の唐揚げにしました。冷めてもまあまあ食べられるし(餅つきは野外なので当然冷えます)、ビールに合いますから。

今回の唐揚げはちょっと変わったものにしてみました。普通は醤油や酒、みりんなどに漬け込んで揚げるのですが、今回は煮豚のタレにつけてみました。数日前に煮豚を作ったのですが、タレが残っていましたので、毎日火を通して最終的に冷凍しました。何日も火を通すのは適度に水分を飛ばして、濃くするためです。前々日に解凍して、それでも今回の煮豚はちょっと甘めでしたので醤油を足して、なおかつ、おろしにんにくを加えます。それにもも肉を漬け込んで、一晩冷蔵庫に入れます。次の日の夜に片栗粉と小麦を混ぜんこんでもう一晩置き、当日の朝に上げました。もも肉を使いましたので、適当にジューシーで美味しいものに仕上がりました。唐揚げのポイントはやっぱり揚げる時間ですね。これは何分揚げればよいというものではなくて、感ですね。言えるのは揚げすぎてはいけないということでしょうか。できれば予熱で心まで火が通るということが一番良いようです。

まあ、唐揚げもいろいろとパターンがあって、付け込まない唐揚げも味的にあっさりしているので嫌いではありません。とり天に近いものやフリッターに近いものも、もう十把一絡げで唐揚げと呼んでいますが、大丈夫ですよね?

 - 料理ブログ,