~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

鳥インフル

      2017/01/12

鳥インフル

今年も鳥インフルが猛威を奮っているようですね。養鶏場の鶏が一言「処分」という名のもとで殺されているのは、丹精込めて育ててきた養鶏場の方にはつらい気持ちでいっぱいだと思うのですが。処分せずに何か良い方法はないものでしょうか?子供たちに処分をどう説明しているのかなと。

さて、これだけ鶏がいなくなってしまうと、当然のことながら卵の値段が上がってきています。私の行く店ではL、M、MSというサイズになっています。サイズ的に以前はLの値段が今はMSというサイズに付いています。卵は値段の変動があまり大きくない食品ではあるんですけど、値段の推移をよく見ていると季節に寄ってかなrの差がでることがあります。とはいっても、去年から今年にかけての葉物野菜ほどではありませんけど。2倍になることはまあ、ありませんがそれでも変動します。ちょっと前に見たwebの新聞記事で、韓国でもやはり鳥インフルエンザが流行っていて、鶏を処分しているんですが、卵の値段が高騰して、緊急輸入することになったとか、それも輸入する時に税金をかけないというんですから、相当な不足ですね。新鮮な卵が入ってくるんでしょうか?
そういえば、生で卵を食べるのは日本人くらいだということを以前、書いたことがあるかもしれません。中国あたりでは考えられないそうです。やはり鮮度が大切で、ちゃんと生産日?とか、賞味期限とかがきちんとしているからですね。私なんか、そうでなければオムレツの半熟なんかも食べられませんよ、安心して。

やはり卵は新鮮なものでないといけませんよね。確か私の記憶が間違っていなければ、ドラマの古畑任三郎で、中森明菜が漫画家という設定の犯人で、卵のトリック?で事件が解決するというのがあったと思います。あれも確か卵の鮮度がポイントになっていたような…。

 - 料理ブログ,