~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

京都紀行/高野~一乗寺界隈を食べる

   

京都紀行/高野~一乗寺界隈を食べる

北大路通と東大路通が交わる高野。少し変則的な交差点を細くなっている東大路を進めば、そこは中華そばの店が林立する場所だ。ここから叡山電鉄一乗寺駅の間には何軒の中華そば屋さんがあるのだろうか?数えたことはないが確かに多い。

市内で通りに面して、中華そば屋さんが多いというところは他にもあるのかもしれないが、狭い地域の中に集中しているという点では、ここが一番ではないかと思う。そして有名店の本店も多く、激戦地である。

京都の中華そばというとどんなイメージだろうか?「京都=あっさり」というイメージはここでは当てはまらない。色んな意見があると思うが、基本的に京都の中華そばは、こってりである。
古くからある店は、ここ、一乗寺界隈とか北白川など北の方にあるか、京都駅界隈の南の方にある。市内中心部にある店は、古くからある店の支店か、あるいは新たに出店してきた店が多い。

新しい店はいろんなスタイルの味がある。しかし老舗のところで、あっさり醤油味というところは、あまり多くないように思う。そうはいっても、ギトギトの油が浮いているとうようなものは少ない。ある意味で濃い、濃厚である。今や大手チェーン店になってしまった店でも、以前は夕方に行くとスープは濃くなく、深夜の閉店近くになるとコラーゲンたっぷり?のドロドロのスープになっていたことも多かった。スープの鍋からチキンの足が見えていることもあった。

寒い夜はやはり中華そば、ラーメンが恋しくなる。

 - 料理ブログ,