~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

カツ丼

   

カツ丼

カツ丼って典型的な和洋折衷の料理だ思いませんか?西洋の料理であるカツレツとご飯を巧みに組み合わせたものですし。まあ、とんかつ、多くの場合カツ丼はとんかつだと思うのですが、とんかつを西洋用理とするかどうか意見の別れるところではありますけどね。

さて、カツ丼。思い浮かぶのは刑事ドラマでの取調室でカツ丼を出してもらって、白状してしまうと鋳物でしょうか、私の場合は。とはいえ、これはフィクションで、実際に昼ごはんとかでカツ丼を頼むと、自費になってしまうそうですよ。
カツ丼にもいろいろな種類がありますよね。オーソドックスな?ものから言うと、揚げたカツを煮込んで、卵で閉じたもの。これに似たもので、御飯の上にカツを置いて、その上に玉子の煮たものをかけるもの。岡山あたりで有名なデミグラスソースをかけたカツ丼。う~ん、これはいけると思ったのが、福井あたりでも盛んなソースカツ丼。ウスターソースに似たソースにカツを漬けて、それをご飯に乗せたものです。岐阜県瑞浪のあんかけカツ丼もちょっと変わっていて美味しそうです。でも、この前ラジオで聞いたカツ丼は、ウスターソースで煮込んで、卵で閉じてあるというものでした。うーん、そんな感じなんでしょうか?見たことがないので、興味津々です。

ウスターソースって日本では、食卓にあってフライとかにかけるものですが、どうも外国ではそうではなくて、煮込み料理とかに入れるらしいです。まあ、カレーなんかの時に後からかける人もいますけど、煮込みの時に入れるっていうのも悪くないですよ。

 - 料理ブログ,