~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

きつねとたぬきの話

   

きつねとたぬきの話

きつねとたぬきの話を。もちろん料理ブログなので、きつねとたぬきの食べ方…な訳はない。たぬき汁というのはあるらしいが、実際にはたぬきの肉は臭くて食べられないと聞いたことがある。

たぬきときつねを言えば、ここはやはり麺類だろう。まあ、結構有名な話なので皆さんご存知だとは思うが。

うどんに油揚げが乗っているのはきつね。関東はどうなのかはっきり知らないが、大阪では甘く煮た大きな揚げがのっているもの。京都でも同じようにこれはきつねだが、「刻み」というものもある。これは煮た揚げではなく、細くきさんだ油揚げをだしで煮て、それをうどんにかけてあるものと言っていいだろう。つまり、きつねうどんは2種類あるわけだ。

たぬきは関東では、うどんに揚げ玉が入ったものをいうらしい。大阪では同じものはハイカラうどんと呼べれている。器に入れたれた揚げ玉を素うどんに自由に入れることができる店もある。たぬきはあんかけうどんをいう場合もあるようだ。きつねうどんのうどんを蕎麦にするとたぬきうどんと称するところもある。

いろいろ難しいものだ。

「ダイヌキ」というのが関東にはあるらしい。うどんも蕎麦もいれないで、だしの中に天ぷらや鴨南蛮の具だけが入っているものだということだが、これは店の常連でないと作ってくれないという話も聞いたことがある。これで日本酒を楽しむわけだ。
関西で同じようなもので有名なのは大阪の「肉吸い」と呼ばれるもの。これは大阪の芸人さんがある時、あるお店で二日酔いので食欲が無い時に、肉うどんの具だけを注文したのが発祥らしい。今では豆腐が入っていたりするようだ。

いろんな食べ方があるので、麺類は奥が深い。

 - 料理ブログ,