~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

餃子のシーズン

   

餃子のシーズン

春キャベツが出回り始めている。やはりこの気候で早く出回っているのだろうか?キャベツといえば、餃子である。まあ、そう言ってのけられる人は少ないとは思うのだが。

食べに行くと結構なお値段の餃子も、家で作ると意外と安く出来てしまう。外で食べると1人前が300円位はするんだろうか?地域によって違うのかもしれないが、だいたいそれより安くはないと思う。3人で3人前注文すれば、1000円近くになる。

小ぶりの安い春キャベツ1個と挽き肉が200gもあれば美味しい餃子が少なくとも100個近くはできる。挽き肉が200gで、餃子が100個では肉が少ないと思われれうかも知れないが、肉が多いと焼き上がった時にふっくらと仕上がらないのだ。
それを考えると、中華料理屋で餃子を食べることに、ちょっと金額的な疑問もあるわけだが、まあそれはちょっと横においておこう。

以前はキャベツをみじん切りするのが面倒だったのだが、最近はフードプロセッサーなるものがあるので、これを使えばいとも簡単に大量の微塵切りのキャベツができる。後は適当ににんにくを入れて味付けして、手で練りあげるだけで、中身は完成。

包むときには、あまり中身を多くしないことがコツで、これさえ守れば形なんかは適当で大丈夫。数を作っているうちに、適当に餃子の形になってくる。

焼く時はちょっと多めに油をフライパンに入れて、餃子を並べる。火を点けて、暫く焼き目がつくまで焼く。焼き目がついたら、水かお湯を普通のフライパンなら300cc位で。すぐに蓋をして暫く蒸し焼きにすればもう完成、

餃子って意外と簡単だし、みんなで作れるところも楽しい。

 - 料理ブログ,