~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

祇園祭の頃/鱧のこと

   

祇園祭の頃ですと、やっぱり「鱧」でしょうか。これは同じく大阪の代表的な夏祭りでもある天神祭でも同じです。子供の頃はなかなか、生の鱧を見ることは少なかったように思うんですけど。魚屋さんでも、鱧は高級魚ですし、おまけに骨切りという面倒な工程をかけなければ食べられませんから。

鱧って顔?を見るとかなり鋭い歯を持っています。もし、海で泳いでいる時に出会ったら、食いつかれそうな感じもしなくもないんですけど。最近はスーパーでもすでに捌いてあって、骨切りもしてあるものが売られているので、鱧のご尊顔も拝めます。やっぱり海では会いたくない感じです。

鱧はやっぱり「落とし」を梅肉でというのが、夏の食べ方かもしれませんね。夏はさっぱりと食べたいというのが人情ですけど、余り好きじゃないです。私は天ぷらとか照り焼きのほうが好きですね。あ「落とし」というのは湯引き?のことです。そういえば、鱧の皮だけってのも売ってたなあ、以前は。焼いてありまして、キュウリと一緒の酢の物も美味しいですけど、そのまま醤油をかけて、熱いご飯でも私は好きです。

鱧って捨てるところが少ない魚ですね。骨からはいい出汁が出るはずです。「はずです」というのは、話に聞いたことはあるんですが、見たことがないので。

 - 料理ブログ,