~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

伊勢志摩のグルメを堪能 【2016/07/01】

      2016/07/01

「主要国首脳会議」の舞台となった三重県の伊勢志摩。国際的にも注目が集まるこのエリアへ行ってみませんか?今回は首脳たちも堪能した三重や伊勢志摩の食材をご紹介。

美味なる食材を心ゆくまで

豊かな食材に恵まれた伊勢志摩は、「御食(みけ)つ国」とも呼ばれます。

伊勢エビ

新鮮な活造りに豪快な鬼瓦焼きや具足煮など、さまざまな料理法が楽しめます。

あわび

昔ながらの方法で海女が採るあわびは、肉厚で豊かな味わいが魅力。煮付け、バター焼き、ステーキで。

ヒオウギ貝

扇の形をしていて、鮮やかな色彩の二枚貝です。世界で最も美しい貝と言われています。

和牛

松阪牛や伊勢牛と呼ばれ、きめ細かいサシ、柔らかい肉質、とろけるような舌触り、甘い香りが特徴です。すき焼き、ステーキ、焼き肉で。

お茶

三重県は、日本茶の栽培面積・生産量ともに静岡県、鹿児島県に次いで第3位。さっぱりとした味の煎茶、まろやかなうまみのかぶせ茶、コクのある味や香りが特徴の深蒸し煎茶などが楽しめます。

うどん

伊勢うどんといわれる1時間近く煮込んだ柔らかい極太麺は、真っ黒で濃厚なつゆに絡めて食べます。つゆや麺は土産物店やスーパーでも販売しています。

紺碧の海と島を満喫

 - 今日のひとネタ