~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

第4の波

      2016/06/27

第4の波

第4の波

第4の波というのは、アルビン・トフラーの新しい著作でもなければ、ジョン・ルイスの提唱していた新しいジャズの潮流の続編でもありません。なんか、説明が…という感じですが…。コーヒーのことですね。

去年くらいからでしょうか?新しいコーヒーショップというか、今までの大手のコーヒー店とはちょっと違うコーヒー店が話題になっていましたよね。確か一杯毎にコーヒーをペーパードリップで入れるとかいう店。あのたぐいのサービスを第4の波というらしいんですが、もっと大事なことは焙煎ですね。これが話題になってますが、こういったお店は自家焙煎なんでしょうか?行ったことがないのでよくわかりませんが、やはり自家焙煎されて、なおかつ引き立てのコーヒーが美味しいのは今も昔も変わらないと思うのですが。

大体、私がコーヒーショップでコーヒーを飲むようになったのは、高校生になってからですね。友人がアルバイトすることになって、そこがコーヒーショップで。美味しいコーヒーを飲ませることを第一とされていたお店で、なおかつカウンターがあって、いつもそこに座っていたので、コーヒーの飲み方とか作法、見てるだけでしたが、大体どうしたら美味しいコーヒーを、サイフォンで入れることができるかなど学んだというのは大げさですが、知ることができました。あ、飲み方は丁寧に教えてもらえました。

そんなことを思い出したりしていると、どうやらアメリカで合理主義のコーヒーが飽きられてきて、日本で昔やっていた丁寧に入れるコーヒーに回帰してきたんじゃないかと。もっとも、新しい形態のお店での方法は、ペーパードリップのようですが。

先日「しあわせのパン」という映画を家で見ていると、原田知世さんがコーヒー豆を挽いて、ネルドリップで入れているシーンがありました。あんなのを見ると、美味しいコーヒーが飲みたくなりますね。

 - 料理ブログ,