~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

鮎の季節

      2016/06/23

鮎の季節

そろそろ鮎の季節ですね。すでに大半の河川では、アユ漁が解禁になっているのでしょうか?数人に釣りの好きな人物がいるのですが、この季節になるとウキウキ週末を楽しみに、釣具の手入れなどしています。

アユもそうですが、どうも川魚が苦手という人が以外に多いですね。なぜかといろいろと考えてみると、一つには「匂い」があると思います。アユモそうですが、独特の匂いがする場合があって、それを嫌う人が多いのではと思うのです。逆にアユなどはその香りがいいという人も当然いますが。こういった人は鮎好きなのでしょうか。

もう一つは切り身で出てくる場合が少ないということなんじゃないかと考えます。どうしても川魚は海の魚に比べて小さいものが多いので、串焼きだの原型をとどめて、料理として出される場合が多いように思います。もちろん、薄切りにして刺し身などとして出される場合もありますが。

もう一つは食べる機会があまり多くないということもないでしょうか?川魚を専門に売っているところもなくはないんでしょうけど、少ないように思います。特に都市部ではそうかもしれません。私が住む京都でも、以前は「うなぎ屋」と呼んでいた川魚を商売にしているところがあって、そこにはウナギや泥鰌、蜆なんかも売っていて、他にも琵琶湖で捕れる色んな物を売っている店がありました。最近では少なくなっていると思いますし、錦市場あたりまで行かないとないのかなと。

鮒とか鯉の洗いなんかは、意外とあっさりしていて美味しいんですけどね。今は高級料理になってしまったのかな?

 - 料理ブログ,