~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

梅の健康パワーに注目! 【2016/06/02】

      2016/06/02

限られた時季だけの旬の味

早春に馥郁(ふくいく)とした香りをふりまきながら開花した梅。月日を重ねて梅雨が近づくと、その果実を青果店やスーパーなどで見かけるようになります。ちょうど梅の実が熟すころに降る長雨を「梅雨」と呼んだという説を裏付けるかのようです。
まず小梅が顔を見せ、その後に続くのは大粒の青梅。そして、最後に完熟梅が登場します。昔から、体に良いことが知られている梅。ごく限られた時季だけに登場する旬の味を楽しみながら、健康パワーを食生活に取りいれてみませんか。
 

クエン酸はアルカリ性食品

梅の実には脂質、たんぱく質、糖質、食物繊維のほか、カルシウム、ナトリウム、鉄分などのミネラルが含まれています。梅干しなどに加工すると、殺菌効果のあるクエン酸やリンゴ酸などがより豊富になります。
特に注目したいのがクエン酸のパワー。私たちの体に欠かすことのできない栄養素で、エネルギー源にもなる有機酸のひとつです。
「酸」と付いていながら、じつはアルカリ性のクエン酸には、疲労回復に役立ち、カルシウムの吸収を助ける効果が期待できます。ストレス緩和にも効果的で、自律神経のバランスを整え、食中毒の原因になる細菌の増殖を抑制する働きもあるといわれています。

梅の健康パワーに注目!

 - 今日のひとネタ