~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

カツレツ

      2016/05/26

カツレツ

「牛カツを食べに行こう」という話が持ち上がっています。まあ「豚カツ」があるのだから「牛カツ」があって当たり前なのですが。どうもピンときませんね。関西と関東では肉に関してちょっとしたギャップが有ると思うんですよ。関西で肉といえば、牛肉を刺すんですが、関東ではどうなんでしょうか?

例えばに最近はコンビニでも冬になれば売っている「肉まん」です。中身は牛肉ではなくて、豚肉ですよね。関西ではたぶん豚まんという名称が一般的ですが。これってもしかしたら商標か何かになっているのかな?

学生時代に聞いた話では、関東では家庭で作るカレーには主に豚肉で関西では牛肉という話。まあ、これも怪しいですけど、あまり豚肉の入ったカレーというのは、子供の頃に食べたことはありませんでした。かなり安い値段でも牛肉でしたね。

牛カツという名前がピンと来ないのは、たぶん「ビフカツ」という名前が頭の隅っこにあるからかもしれません。確かにビフカツはご馳走でしたね。肉屋さんに揚げ物を買いに行く時でも、ほとんど豚カツが主で、ビフカツを買った記憶というのはあまりありません。やはりこの料理は安い牛肉ではできないからでしょうか?

時たま行く、定食屋さんにもビフカツ定食はあります。一番高いメニューです。焼肉定食より、エビフライ定食より上のランクです。食べてる人って見たことありません。ビフカツはステーキと同じランクの牛肉でないと美味しくないんでしょうか。もちろん豚カツと違って中はレアですよね。

もしそうなら、ちょっと憧れてしまいます。

 - 料理ブログ,