~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

大人の社会見学 【2016/05/27】

      2016/05/27

企業博物館で体験して学ぶ

歴史の長い大手企業などが運営する博物館のリニューアルや新設が相次ぎ、注目されています。例えば、日本銀行が運営する「貨幣博物館」(東京都中央区)は昨年11月にリニューアルされ、身近なお金にまは、子どもたちの学習意欲を刺激する効果がある、と教育関係者からも期待の声が聞かれています。

産業国の軌跡がそこに

幕末から明治期、日本は積極的に西欧の技術を取り入れて急速に産業国の仲間入りをし、ものづくり文化の基盤を築きあげました。産業遺産とは近代化に大きな役割を果たした遺跡や遺物のこと。建造物、機械、道具など全国に残る資産には、過去の足跡ゆえドラマティックなストーリーがつきもので、当時に思いを馳せる楽しみがあります。

富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県)

「田島弥平旧宅」(伊勢崎市)、「高山社跡」(藤岡市)、「荒船風穴」(下仁田町)が関連施設としてともに世界遺産を構成している。

軍艦島(端島)(長崎県長崎市)

軍艦島を構成遺産に含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録された。

別子銅山(愛媛県新居浜市)

日本三大銅山のひとつ。標高750mの山中にあり「東洋のマチュピチュ」と呼ばれてる。

琵琶湖疎水(京都府京都市)

南禅寺境内を通り抜ける煉瓦(れんが)造りのアーチ橋「水路閣」が有名。

大人の社会見学

 - 今日のひとネタ