~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

丸餅と角餅

   

丸餅と角餅

明けましておめでとうございます。

正月の食べ物というと、お餅なわけで、逆に餅抜きの正月はありえないなあとも思えるくらいではある。とはいえ、最近のようにパックのお餅があれば、いつでもお餅を食べられるわけである。

そうは言っても、子供の頃からお餅は普段でも食べている。京都で言うところの「おけそく」だ。お華足と書くらしい。仏壇に供えてあるやつなのだが、調べてみるとどうも「京ことば」であるらしい。仏壇に備えてあるお餅、もしくはそのお下がりということだ。

冬でも夏でも食べてたような気もするが、祖母がなくなってからは毎月仏前に供えるという事がなくなったので、おけそくからは遠ざかっている。

そうなると、やはり餅を食べるのは正月ということになる。正月にはやはりお雑煮ということになる。我が家は焼いた丸餅に、ニンジンと大根(これは正月の雑煮用の小さなもの)と焼き豆腐が入った、白味噌仕立て。子供の頃のお雑煮はかなりドロッとしたものだったように記憶しているが、たぶんこれは中に「かしらいも」という芋が入っていたからなのだろう。私は入れていないので、比較的サラッとしているし、甘みも少ない。

まあ、どこの家でもそうだろうが、二日目には飽きてくる。我が家も二日目には松茸味のインスタントお吸い物の中に、焼き餅を入れるという京都の家らしくないものを食しているわけだ。

 - 料理ブログ,