~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

クリスマスとチキン

   

クリスマスとチキン

まだ学生だった頃、クリスマスにはフライドチキンをよく買ったと思う。某有名フライドチキンメーカーの物しかなかった頃の話だ。実はかなり後で知ることになるのだが、あの店頭に立っている白い服を着たおじさんと、私は誕生日が同じなだ。

それとは無関係に、フライドチキンは今でも大好きだし、チキン全体が好きだ、
どこか食事に入って、これというものがなかった時に、チキンのグリルとか唐揚げなどがあると、他のメニューで迷っていても、チキンにする。チキンは裏切らないと信じているのだが。

話をクリスマスに戻そう。
今でこそもも肉をソテーすることが多いが、やはりクリスマスには骨付きのもも肉を、オーブンで焼いたものが一番のごちそうだと思う。

足の先にアルミホイルが巻いてあるもの。あまりそんなものは食べたことはないが、上品に白い紙?が巻いてあるもの。外見はどんなものであっても、あまり凝った味付のものには出会ったことはない。骨付きもも肉のグリルは、基本的に塩と胡椒のみで味付けされてるものが好きだ。

今年はもも肉のソテーを止めて、骨付きのチキンをオーブンで焼いてみようと思ったが、何より後片付けが面倒になってしまうという、横着な考えが頭をよぎってしまう…。

 - 料理ブログ,